YAMAKEN GOGO

やまけんGOGO

911GT3RS (2007年式)

前澤友作スーパーカープロジェクトマネージャー、HOC(平成オーナーズクラブ)代表。
「若者の車離れ」に対抗するべく、車に関するさまざまな活動をしている28歳。自動車を中心に乗り物について紹介するYouTubeもスタート。

ポルシェとも人ともコミュニケーションをとりたい

数々の車を乗ってきて感じることがある。
「ポルシェは生きている。」
キーを回し、クラッチペダルをゆっくりと離す。ポルシェと呼吸を合わせ、アクセルペダルを踏む。
しっかりと対話が出来ていないと応えてくれない。
ステアリングを握り、コーナーを曲がるとき、たくさんコミュニケーションをとる。
ポルシェを乗りこなしている人はコミュニケーションを取るのが上手だ。

ポルシェのおかげで、たくさんの仲間ができた。
ポルシェ乗りの先輩は、純粋に車が好きという人が多く、一緒にいて心地が良い。
自分でもHOC(平成オーナーズクラブ)というのを立ち上げ、
平成生まれの車好きと、ツーリングをしたり、カートで遊んだりしている。
ポルシェを通じてできた友人はとても気が合う。
ポルシェという存在は僕に人生の輝きを与えてくれた。

今の愛車は、997GT3RS。
シグナルグリーンを探し続けてやっと出会えた。
フロントまでロールバーが組まれている派手な緑の蛙ちゃんは、
かっこよくもあり、そして可愛さもある。
普段は乗りやすく、踏むとまるでレーシングカー。
この両立こそ、ポルシェなんだと思う。

親父が18の時にポルシェに乗っていたということで、DNAにまで刻まれたポルシェ愛。
自分でポルシェを手に入れられるようになって感じたことは、
一人で運転している時も、仲間と一緒にいる時も、
ポルシェは刺激もあり、そして心地いい。
矛盾しているようで、やっぱりこれがポルシェだと感じる。
次はどんな出会いがあるのかな。僕は楽しみに今日もステアリングを握る。

Q.おすすめドライブルートやレストラン、今後ポルシェで行ってみたい場所を教えてください。

定番ながら首都高。レインボーブリッジを通るだけで気分爽快。
もう一つは伊豆スカイライン。自然を感じながらポルシェで駆け抜ける幸せ。
これからいってみたい場所は、九州。964に乗っている時も自走で行ったが、また今の車でも人と出会いながら全国を駆け抜けたい。

Q.趣味や興味のあることは?

「三度の飯より車が好き」と言いながらもおいしいものが大好き。
最近の地方に行く楽しみはおいしいご飯。

Q.ドライブでよく聞く音楽は?

エンジンサウンド。というのはおいといて、
最近流行りのJ-POPやミスターチルドレン。