2nd STORY STORY BY Yoshi.Mits

箱入りボクスターは今年で8歳

986、987、そしてこの981と、ボクスター3世代を同じ営業の方にお世話になり乗り継いできて今年で8歳です。箱入り娘のごとくかわいがりすぎ、雨の日は乗らず愛でた結果、走行距離は現在9000km。

オープンカーに乗るならある程度の年齢になってからと勝手に決めていて、そろそろいい歳だし乗ってもサマになるころかと思い、国産車を中心にアレコレ見てまわりました。しかし、プロのアドバイスをもらおうと、当時知り合いのクルマ雑誌の編集長にオープンカーならどれがおすすめか聞いたところ、当時絶賛発売中の986ボクスターが1番いいとのことで、恐る恐る銀座のショールームに足を踏み入れたのが運の尽き。そうしてポルシェとの生活が始まり、その後987から現在も乗っている981に至ります。これはオーダーした車両で、内外装と幌の3色コンビネーション決めは楽しい悩みごとでした。

オープンで走るのは秋から冬が1番の季節と思ってます。
昼でも夜でも冷たい風と澄んだ空が、どんな場所を走っても気持ちよくしてくれます。

この写真はお気に入りの1枚で、羽田空港へ見送りしたのち立ち寄った大井競馬場前のコイン洗車場でのものです。洗車後に拭きあげるため階下のスペースに止めたのですが、それまで曇りだった空が急に晴れて階上の床面から太陽光が差し込み、このように著名水玉アーティストの作品のようなボクスターになりました。

盆栽じゃないので眺めるだけでなくもっと乗らないとと思い、この6気筒ボクスターで986時代に行った佐渡島1周を計画したいと思っています。

STORY BY Yoshi.Mits / 車種 : Boxster(2013年)

おすすめドライブルートやレストラン、これからポルシェで行ってみたい場所を教えてください

富士山一周がお気に入りのドライブルートです。今後行くとしたら飛行機とレンタカーでしか行ったことのない、北海道か熊本の天草を981で回ってみたいです。

趣味や興味のある事を教えてください

食材が好きなので道の駅があったら迷わず立ち寄ります。結果なかなか先に進みません。

ドライブでよく聞く音楽を教えてください

走るときはいつもオープンなので音楽は聴きません。屋根がないといろいろな音が聞こえてきて楽しいです。

Porsche Trivia

オープントップの今と昔

現代は非常に趣味性の高いモデルが多いオープントップモデルですが、実は自動車黎明期はほぼ全ての車がオープントップでした。屋根は非常に重く、少しでも軽くしないとちゃんと走らないというのが昔の車でした。

スポーツカーの頂点F1マシンは今でもオープントップですね。1グラムでも軽くし、0.01秒を争うレースにおいても軽さは命。1950年代に世界中のサーキットを席巻した、現代ボクスターの祖「550スパイダー」 や「718RSK」等も勿論オープントップです。

ちなみに幌の電動開閉は一般的には15秒前後かかる車が多い中、ボクスターは約9秒で全開します。
その6秒の違いって、ちょっとした赤信号停止時に気軽に開閉できるのかの要になりますよね。

Today's Gift

WOOLRICH ウールリッチ
CLOVER JACKET(WHITE STONE / WOMEN / S)

190年の歴史を誇るアメリカ最古のアウトドアブランド「ウールリッチ」。アメリカの雄大な大地と歴史を背景にモダンに進化したブランドは、アウトドアの機能性だけではなく都市のファッション先進性にもフィットするラインナップを揃える。ウールリッチの定番とも言えるダウンジャケットをプレゼント。