7th STORY STORY BY Ken

絵本のポルシェ

幼稚園の帰り、買い物途中に立ち寄った本屋に
その絵本はあった。

「せかいのスーパーカーえほん」
ランボルギーニ、デトマソパンテーラ、アストンマーティンなど
見たことがないクルマがたくさん載っていた。

急いで家に帰って眺めていたら
最後のページにオレンジ色のポルシェ924があった。
丸いライトに丸いカタチのポルシェは
買えるかもしれないな、何故だか分からないが
そう思った。

学校に通いファミコンに夢中になったり、
勉強が忙しかったりしていたけど、
いつも心の片隅にポルシェはあった。

目黒の三和自動車の窓越しに見た、
人気アーティストと赤い964は今も忘れないし
朝焼けの六本木の交差点で見たシルバーの928は
内装が白だった。

993、986ボクスター 、996、997に乗り
今は981と991 2台のポルシェを所有している。

EVや自動運転の技術も進んでいるが、
もう少しだけNA最後の2台と過ごして行きたい。

そう思いながらタイカンの色を選んでいる。

STORY BY Ken / 車種 : 911 Carrera Cabriolet(2015年)・Boxster(2015年)

おすすめドライブルートやレストラン、これからポルシェで行ってみたい場所を教えてください

東京タワー周辺、芝公園

趣味や興味のある事を教えてください

クルマ ゴルフ 料理

ドライブでよく聞く音楽を教えてください

ポップス

Porsche Trivia

911が万能と言われる要素

もし911が車として最高バランスを誇ると言われる、ミッドシップエンジン車として作られていたら、
果たしてどうだったのか?
その問いは911の前身、1948年製造356初期モデルまで遡ります。今でもポルシェミュージアムには実はミッドシップエンジンの初期型356が展示されています。

ボディ中央にエンジンがあれば当然バランスは良いが、キャビン内に荷物がしっかり乗せられなければ、「万能のスポーツカー」と言えないじゃないか、という現代に繋がる問いにフェリー・ポルシェが出した答えがリアエンジンレイアウトでした。

前身モデルが生誕した時から、「万能」というのがポルシェのスポーツカー作りの最大のテーマだったというエピソードですね。

Today's Gift

ソーダストリーム
ソース パワー ブラック

ソーダストリームは1903年にイギリスで誕生し、現在は世界45か国で販売する世界No.1の炭酸水メーカー。
「ソース パワー」は世界的に有名なデザイナー、イヴ・ベアールによりデザインされ、11のデザイン賞を受賞する洗練されたデザイン。
ボタンを押すだけで簡単に炭酸強度をカスタマイズでき、こだわりの炭酸水を味わえる。